youRoom

youRoom

Task management is communication

グループでの「情報共有」と「協同作業」に最適なツール

メールアドレスがあれば、今すぐ利用できます。

youRoomとは?

時間や場所にしばられない多様なワークスタイルが広まる中、成果を出すためにはツールによる情報共有がますます重要になってきます。youRoom「グループでの情報共有と協同作業」を支援するツールです。

youRoomが目指すところ

youRoomでは、少人数のチーム活動で使うメーリングリストを置き換えることを目指しています。

メールは、1対1で使うには便利なものですが、3人以上で使うと途端に使いにくくなります。
メーリングリストは、宛先の指定は楽になりましたが、根本的な問題を解決してはくれません。

メーリングリストでのコミュニケーションは、重厚で複雑で冗長です。
メーリングリストを使うことでチームの活動も重厚で複雑で冗長になってしまっているのです。

youRoomは、スマートフォンとクラウドの時代にあった形で再発明しました。
youRoomを使うことでチームの活動をシンプルで軽快で無駄のないものにすることが出来ます。

チームの生産性を劇的に変えるには、まずはツールを変えるところから始めましょう。
メーリングリストをyouRoomに置き換えることで、高速で無駄のないチーム活動を実現できます。

youRoomのミッションは、チームで活動する人々のコミュニケーションの習慣を変えることです。
文書よりも対話を、駆け引きよりも協調を、指示命令よりも助け合いを、価値とする習慣です。

高速なコラボレーションを実現するのは「字数制限」と「構造化」

グループでのコミュニケーションにメールは最悪です。関係者が多くなると、誰に宛てたものかわかりにくい上、返信は引用だらけ。

効率の悪さをメール本文の長さでカバーすれば、際限なく長いメールの往復が始まります。メールはコミュニケーションを阻害します。

ではチャットを使えば良いのでしょうか?
相手の時間を拘束するチャットは電話と同じです。

集中した作業をしてても割り込まれては、生産性はガタ落ちです。

チャットに残しても誰かの発言で流れていってしまいます。
チャットの利用は必要最低限にするべきです。

youRoomで解決!

youRoomでは、一度の投稿を280文字に制限することで、無駄なことを書かずに要件のみが伝わるようにしています。

挨拶が無いのはyouRoomのせいにしてしまいましょう。

また、構造化されたコメントをつけることができるので、時間が経っても誰のどの言葉に対するコメントか一目瞭然でわかります。

コメントの返信は自分のペースで返信しましょう。

無駄のないコラボレーションのカギは「タスク管理との統合」

グループのコラボレーションで大事なポイントは「タスク管理」です。

グループにおけるタスクは、誰かから誰かへの「依頼やお願い」で発生します。そして、タスクが終わったら「終わったこと」を伝えます。タスクはコミュニケーションで始まり、コミュニケーションで終わるのです。

ではタスク管理を別のツールで管理すべきでしょうか?

どのみちコミュニケーションで始まってコミュニケーションで終わりを告げるのであれば、そもそも、そのコミュニケーションそのものでタスク管理を行ってしまえば最も効率的なのではないでしょうか。

youRoomで解決!

グループ内で投稿があったりコメントがついたら、ホーム画面で一番上に「注目中」として表示されます。

読み終わったら「注目中」を外して、ホームから消すことができます。

ホームに表示されている間は「あなたのタスク」になるわけです。

また、どれだけ沢山のグループに参加していても、ホーム画面で一度に見ることができるので、無駄なく高い生産性を実現することができます。

youRoomは何に使えばいいの?

何人か集まったグループでの連絡や情報共有は何を使ってますか?ひとりずつメール?メーリングリスト?どれも面倒で大変ですよね。

メーリングリストを使っていたなら、youRoomをきっと気に入ってもらえると思います。メーリングリストと同じように、管理者がいて、限られた参加者だけで情報共有ができます。メーリングリストよりも便利な機能がたくさんあります。

クラウドだからいつでもどこでも

youRoomは、インターネット環境とウェブブラウザさえあれば、いつでもどこでも利用することできるクラウドです。

スマートフォンや携帯電話からもアクセスできるので、思いついたタイミングでいつでもどこでも、グループの仲間と情報共有をすることができます。

 

youRoomの機能youRoomにはシンプルだけどコラボレーションを促進する機能をたくさん用意しています。

  • ホーム画面

    ホーム画面では、参加しているグループすべての発言を一度に見ることが出来て、それぞれのグループ向けの投稿も画面遷移しないで出来ます。読んでいない投稿やコメントなどの未読管理もしてくれます。

  • ルーム画面

    ルーム画面では、参加者の一覧とそれまでに投稿された発言をすべて見ることができます。ルームごとに名前を設定できるので、ニックネームを使うルームと本名を使うルームで使い分けることができます。

  • カテゴリー機能

    ルームの参加者は投稿された発言に対して「カテゴリー」を設定することができます。「重要」や「未着手」「完了」などのカテゴリーを設定しておけば、後から簡単に探すことができるようになります。

  • 画像を共有

    画像ファイルをアップロードすれば、タイムラインの中で見ることができます。

  • ファイルを共有

    コラボレーションに必要なファイルもアップロードして共有できます。

  • 長文にも対応(有料)

    議事録や企画書などの長文テキストは、本文とは別にアップロードできます。

  • 友人を招待

    無制限にルームを作成できます。作成したルームには、メールアドレスやFacebook、Twitterを使って招待できます。

  • 強固なセキュリティ

    youRoomでは全ての通信を暗号化して通信しています。ルームを使い分ければ、安全に情報共有できます。

  • 国際化に対応

    youRoomでは日本語・英語の両方での画面を用意しています。投稿する発言は、どんな言語であっても可能です。

よくあるご質問と回答

  • チャットとの
    違いはなんですか?

    SkypeやFacebookのチャットとの大きな違いは、使う時間が自由だということです。チャットは電話と同じで話す相手が不在だと使うことができません。また、集中して作業するときに割り込まれるのは生産性の妨げになります。
    youRoomでは自分の好きなタイミングでマイペースに回答できます。

  • Twitterとの
    違いはなんですか?

    youRoomとTwitterは見た目が少し似ていますが、機能や用途はまったく違います。Twitterはインターネットに向けての「つぶやき」なので、誰でも見れるし、誰からも見てもらえないかもしれません。
    しかしyouRoomは見れる人はグループ内に限定していて安全です。

  • Facebookグループとの
    違いはなんですか?

    Facebookグループでも少人数に限定した情報共有は可能です。しかしFacebookグループには、youRoomにおける「注目中」の機能がありません。自分が返事をしなければいけない投稿を残しておくことができず埋もれてしまいます。
    なによりyouRoomでは、Facebookユーザでなくても使うことが出来ます。

  • Yammerや社内SNSとの
    違いはなんですか?

    youRoomは、社内SNSや社内TwitterのようなSNSではありません。たくさんの人がいる中で、フレンドで人脈を作ったり、お互いのことを知り合うのであれば、SNSは向いていますが、少人数での深い議論や協同作業には向いていません。
    一方でyouRoomは、少人数のグループでの協同作業だけに特化しています。
    社内SNSが必要ならば、社内SNSとして多くの実績があるSKIPがオススメです。

利用者の声 / 利用シーン

利用者の声

youRoomとGoogle Docsで会社を超えたコラボレーションを行っていますが、youRoomはクラウドの利点を活かしたコミュニケーションツールであることを実感しています。

BeaconIT常務 戌亥稔 様

youRoomを企業内の各種ミーティングのリアルタイム議事録や備忘録として利用すると、検索可能なデータベースとして暗黙知がどんどん蓄積されていき、ノウハウの横展開や再利用に役立ちます。

株式会社Cスタジオ代表取締役社長 千貫素成 様

ユーザーに負荷を掛けずに自然に情報共有できるツールを探していたときに 出会ったのがyouRoomでした。いまでは業務上のやりとりがメールから youRoomにシフトしています。

アガトン・コンサルティング株式会社代表取締役 石井 唯也 様

クラウド上で企画や開発をする時のコミュニケーションツールとしてシンプルで非常に使いやすいツールです。
youRoomだけではなく他のクラウドサービスといっしょに利用することで、スピーディーなプロジェクト推進が実現できました。
何よりも他のサービスより直感的に利用できるので、利用者が覚えるまでのトレーニングコストが削減できたのも魅力でした。

アジャイルプロダクトオーナー松田さん

開発における仕様確認や、チケット発行前のちょっとしたやりとりに活用してます。思い立ったらサクッと発信できるので、メールにありがちな「溜め」がなくなり、議題が最小単位になるのがいいですね。
スレッドのアーカイブ機能を使って、画面上には常に新規メッセージだけを表示してます。個人的にはこのアーカイブするときの「タスクを消化していく感覚」が気に入ってます。

AnkiBlankプロジェクトDa Vinciさん

社内アプリケーションのプロジェクトでQ&A、議事録、備忘録などで利用しています。簡単にコミュニケーションを取れることはもちろん、記録した内容がそのまま検索可能なノウハウDBになったり、iPadを利用して議事内容をリアルタイムに中継できるなど大きな可能性を持っているアプリケーションだと思います。これからも社内コミュニケーションのプラットフォームを目指して活用させていただきたいです。

Rubyプログラマー黒田さん

 

よくある利用シーンyouRoomはコラボレーションの産まれる様々な場面で利用されています。

  • ソフトウェア開発プロジェクトで、場所の離れたところにいるお客様とプログラマをひとつのチームとして活動するために使っています。

    詳しくはこちらの記事 高速で無駄のないソフトウェア開発を実現するための7つのポイントをご覧ください。

  • 顧問弁護士と顧問税理士とのホットラインでyouRoomを活用できます。

    それぞれに別のルームを用意することで安全に相談ができます。相談を受ける弁護士、税理士側にとってもベストエフォートの返信で時間を拘束されないため、時間を有効活用できます。

  • ワークタイムの異なる海外在住の在宅勤務者やノマドワーカーとの情報共有にyouRoomを活用できます。

    働く時間や場所が違っても、いつでも思いついたタイミングで課題や相談ごとを気軽に投稿したり、コメントで回答したりすることができます。

youRoom導入企業

  • Beacon IT
  • 株式会社ソニックガーデン
  • アガトン・コンサルティング株式会社
  • 株式会社ネクスウェイ

紹介メディア

  • マイナビ
  • CNET Japan
  • ZDNet Japan
  • publickey

価格 / プラン

youRoomは、ずっと無料で利用することができますし、希望に応じて「プレミアムプラン」にアップグレードも可能です。

無料版では、アップロードできるファイルは「画像ファイル」か「PDFファイル」で、一人ごと月に40MBまでアップロードできます。

プレミアムプラン(月額5ドル)

  • 月々一人40MB → 500MBまでアップロード可能
  • 画像かPDFのみ → すべてのファイル形式が可能
  • 280文字まで → 280文字以上の長文は添付が可能

エンタープライズ向けサービス

youRoomは、すでに多くの企業において、全社や部門といった単位でご利用頂いています。企業においてご利用しやすくするために、企業管理者にとっての便利で安心できる機能を搭載した「youRoomエンタープライズ」を用意しています。

エンタープライズを利用することで、ユーザ一人一人でプレミアム契約を行って、個別に支払いをしなくても、企業単位に一度に契約をして、支払いをとりまとめて行うことが出来るようになります。

youRoomエンタープライズの特徴は以下の通りです。

  • 企業で契約した利用者全員が、プレミアムプランの機能を利用することができます。
  • 企業管理者によるCSVによるユーザの一括登録と管理が出来ます。
  • アクセス統計解析に必要な情報を提供します。
  • セキュリティに関する設定が柔軟に対応できるようになります(パスワード文字数など)
  • 利用者のグループへの強制参加、および強制退出が可能です。
  • 利用者全員へのお知らせ領域のカスタマイズが可能です。
  • 請求書による日本の商習慣に則った支払い方法が可能です。

youRoomエンタープライズに関するお問い合わせは以下よりお問い合わせください。

  • 株式会社ソニックガーデン

    担当:藤原士朗 電話番号:03-3464-2707

  • メールによるお問い合わせ

    info@youroom.in

  • お問い合わせフォーム

お問い合わせ

運営会社

youRoomは株式会社ソニックガーデンが運営しています。
運営および広報に関するお問い合わせはこちらよりご連絡ください。

なぜyouRoomをつくったのか?

世の中によくあるツールは基本的に、今の働きかたの延長上を実現しようとしています。会議の生産性が悪いといえば、会議を効率化するツールを考えます。だけど、それってナンセンス。会議ばかりのワークスタイルで生産性が低いなら、そもそも会議をしなくても良いようなコミュニケーションのあり方を考えられないか、と思うのです。習慣は普段の働きかたから作られます。普段の働きかたにツールは影響を与えます。youRoomで変えたいのはチームでのコラボレーションの形。習慣を変えるツールを作りたいとyouRoomを開発しました。

なぜyouRoomはシンプルなのか?

「餅は餅屋」という言葉があるように、今や様々なサービスがあり、それぞれに得意分野を持っています。例えば、ファイル共有と言えばDropboxが一番でしょう。私たちは、必要以上に一つのソフトウェアに、沢山の機能を詰め込むことを良いことだとは考えていません。人はそれぞれの背景の中で、様々に便利なツールを組み合わせて使うことで本当に高い生産性を実現できると考えています。youroomでは機能を作りすぎずシンプルにしているのは、youRoomで目指すビジョンが明確だからです。